インストール待ちの間にMSYS2

Cygwinよか新しいのかなぁ。
SSD上の長いリカバリ作業の合間に、デスクトップPCにインストールしてみた。
パッケージ管理も「pacman」というArch Linux譲りのものらしく、Cygwinより扱いやすい感じがする。
なんでこんな環境にこだわるのかというと、無線機のちまちまとした操作のためにはWindowsフリー化は不可能のようなので、Linux環境に準じた環境としてCygwinを使っていた。

MSYS2にruby等のスクリプトファイルを移してみたが、特に大きな変更無くても動いてくれた。結構使えそうなので、こっちに移行してみるか。容量の限られたSSD上でLinuxとのデュアルブートはちと辛いし・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。