役に立たない「世界史」?

雨後の筍のように出てきますね、履修偽装?が。
東大志望の盛岡一高生が、「受験に役に立たない科目にこれから無駄な時間を使うのは云々・・・」とテレビで堂々と顔を隠して話していたけれど、ホンネに違いない。で、東大出てキャリア候補で外務省に入省。イスラム圏やら旧ソ連圏の大使館でもなったら、パーティ三昧なんしょうか?。あっ、御利口さんだからそこからでも詰め込めるか?
でも、現役校長や教師ばかりが平謝りで、実績や評価を強制してきた教育委員会や官庁は(知っているはずなのに)知らんふり?。同じような構図を観た記憶があるんですが気のせいかしら。
私ら、社会に出たときは「共通一次世代」とレッテルを貼られ、小馬鹿にされた。
彼(女)らは、またどういったレッテルを貼られるのだろう。
どちらも好きこのんで、そのお受験体制に臨んだのではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。